コストを考えることも大切

人材管理システムにかかるコスト

人材管理システムを導入する際にはコストを十分に考えるのが大切です。人材管理システムを導入して運用していくには導入コストに加えてランニングコストがかかります。クラウド型の人材管理システムの場合には導入コストが少なくて済みますが、ランニングコストとしてシステムの提供会社に支払う金額が大きくなりがちです。オンプレミス型の人材管理システムでは開発や購入に加えてサーバーのコストがかかるので導入コストが大きくなります。ランニングコストは抑えられることが多いのはオンプレミス型のメリットでしょう。導入の資金調達の方法や年度ごとの予算との兼ね合いを考えて、どちらのタイプのシステムを導入すべきかを考えるのが重要です。

ヒューマンリソースのコストも考えよう

人材管理システムの運用にはヒューマンリソースも必要になります。システムを導入したら放置していれば良いわけではなく、システムの管理を担当する人材を確保しなければなりません。ヒューマンリソースの確保では新規に採用するか、内部の人材を割り当てるか、フリーランスの人材を起用するかを考えるのが一般的です。内部の人材を使う場合にも教育コストがかかる可能性があるので注意が必要です。ランニングコストの中でも人件費は大きな比重を占めることが多く、システムの種類によって業務負担の大きさが異なります。実際に運用している状況をイメージしてどのくらいのコストをかけられるのかをよく考えてから人材管理システムを決めるようにしましょう。