人事部門の業務を効率化できる

入社手続きの効率化が可能です

入社手続きを書類で行っている会社は多いと思われます。その際、たくさんの書類が必要となるだけでなく、Excelデータで管理したり、システムへ入力したりして、おそらく書類と併用して行っていることでしょう。 入社手続きでは、必要な書類に本人が記入し、会社へ提出します。不備があれば人事担当者が電話やメールで連絡し、修正などした後、郵送してもらうなど非常に手間も時間もかかるというのが一般的です。 しかし人材管理システムを利用することで、これらの業務をかなり効率化できるのです。例えば、システム上で作成した書類をパソコンやスマホで確認して、入力や「はい」「いいえ」など簡単な回答で必要な情報を回収できます。システムによっては、オンラインでそのまま雇用保険や社会保険の電子申請ができるものもあります。 人事管理システムをうまく利用すると、人事担当者や従業員の労力や時間を大幅にカットできるというメリットがあります。

従業員情報管理の作業を効率化できます

会社では、従業員に関する多くの情報を管理しています。氏名や住所、緊急連絡先、所属や役職、評価、保有資格など従業員ひとりに多くの情報が紐づいています。 それらの管理をExcelや書類、システムなどを併用して、ほぼ人の手によって管理しているという会社が多いのではないでしょうか。 その場合、結婚や引越し、組織変更や異動で従業員に変更が生じたとき、情報の変更や更新作業にとても手間がかかる上、あちらこちらに紐づけされている情報を見落としてしまう恐れもあります。 しかし、人材管理システムを利用すれば、従業員の情報を一元管理することが可能です。情報に変更や更新があった場合、マスタ情報で作業をし、情報を連携させて運用すれば、一部変更ができていないという見逃しを防ぐことができます。その上、従業員や担当部署とのやりとりも大幅に減らせ、人事担当者はその分の時間や労力を他の仕事で活かすことができるというメリットがあります。