導入する目的をはっきりさせる

人材の採用や活用について考える

人材管理システムは、人事や労務管理を効率化し改善するために導入します。人材管理システムをうまく活用できるか否かは、導入する目的が明確かどうかにかかっています。導入する目的として考えたいのは、人材の採用や活用に関する基準や指標です。人材の採用に際しては、過去の求職者のデータと実際に採用し、活躍してきた人材のデータを蓄積することで、適切な採用ができるため、データベースの仕組みなどを考慮して導入すると良いでしょう。さらに、人材の活用に関しては、今現在ついている業務だけでなく、今まで取得してきた資格や経験などを適切に管理し、埋もれさせないことが大切です。そのため、導入しようとしているシステムが自社のタレント管理に適しているかどうかも検討できます。

人材の評価や報酬を適切に管理する

人材管理で大切になるのは、働く人それぞれを適切に評価し、きちんと報酬に結び付けることです。そのことがおろそかになると、モチベーションが下がり、離職率がアップしてしまいます。客観性のある評価が可能な人材管理システムを導入すると、主観が入った評価が改善される可能性が高いですが、評価の基準がきちんとしていないと、納得できる評価につながらないこともあるため、注意が必要です。また、業務の内容も働く人材も流動的なので、公平な人事評価を行うためには、評価基準の定期的な見直しが必要です。これらの点が人材管理システムで実現できるか、また変化に対応できるかについても考えて導入する必要があるでしょう。そのためには、管理者だけでなく現場でのヒアリングも大切です。